ちまたでよく言われているフィンテックですが、しっかりと理解できていますか?ビジネスでも、フィンテックの話を振られても、あまり突っ込んだ話ができず浮いてしまうなんてことも…。

しかし、フィンテック関連の本を読んでみると、仮想通貨やブロックチェーン、APIなどの言葉も理解できるほど、フィンテックの理解が進みました。そこで、今回はフィンテックを知らない人が、すぐにフィンテックの全体像を理解できるおすすめの本を5冊チョイスしました。

まずは、このうちの1冊を手にとってみてください。

フィンテックおすすめの本5選

1. Fintech(フィンテック)この1冊ですべてがわかる!

ブロックチェーン、レンディング、PFM、API、仮想通貨、クラウド会計、トークナイゼーション、ロボアドバイザー、アグリゲーション、インステック……
この1冊でフィンテックに関わるすべての技術の知識がつきます。

フィンテックの勉強を始めるなら、まずはこの1冊。それだけ、全体的な概要を掴むのに適した本です。私もまずは、この本からはじめました。

フィンテック (日経文庫)

2. フィンテック革命の衝撃

テクノロジーが金融や株式市場に与える影響について書いた本。内容的には中級なので、最初にご紹介した本を読んだ後に読むことをおすすめします。日本は、フィンテックが遅れていると言われていますが、フィンテックの影響力を考えさせられます。

フィンテック革命の衝撃: 日本の産業、金融、株式市場はどう変わるか (平凡社新書)

3. いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

ビットコインとブロックチェーンの基本について書かれた良書。ビットコインをただの仮想通貨だと思っていると、時代に乗り遅れることがわかります。また、ビットコインを支えるブロックチェーン技術も今後拡大し、世界を変えるほどのテクノロジーに成長していくでしょう。仮想通貨もブロックチェーンもフィンテックの一部ですが、少し特殊なので一冊本を買って読んでみることをおすすめします。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

4. 決定版 Fintechフィンテック 金融革命の全貌

フィンテックの基礎をまとめた良書。私はこの一冊でフィンテックについて学びました。そもそも、フィンテックとは数十年も昔からあった技術です。もともとはベンダーが金融会社のシステム開発をすることがフィンテックとされていましたが、今はスタートアップ中心の金融革命として知られています。過去から読み解く今後のフィンテックの行方とは…?良書です。

決定版 FinTech―金融革命の全貌

 

5. FinTechは保険業界の「何」を変えるのか?

フィンテックが保険業界にも影響力を持っていることを知っていますか?金融業界だけではない、フィンテックの影響力を知りたいのであればこの一冊をおすすめします。

FinTechは保険業界の「何」を変えるのか?

 

まずはフィンテクの仕組みから学ぼう

初心者がフィンテックについて学べる本を5冊おすすめしました。フィンテックといっても、送金、決済、融資など様々な分野があります。まずはフィンテックの基礎から学び、全体像を掴んでから詳細を勉強していくとわかりやすいですよ。本サイトでも、海外フィンテックの情報を常に更新していきますので、チェックしてみてください。

 

Related Post