韓国のサムスンがアップルの営業利益を超えて世界で1番になったというニュースは衝撃的でした。

日本にはそのような企業はありませんね。人口が半分ほどの韓国がこれだけの結果を残せるというのは本当にすごいことです。

さて、今回はそんなサムスンのサービス「サムスンペイ」をご紹介します。モバイルウォレットはApple Payなど様々なサービスがありますが、サムスンペイは使いやすく安全そうですよ。



サムスンペイとは?


そもそもモバイルウォレットとは、クレジットカードにかからわず、自宅のICカードなどをすべてスマートフォンにデータとしていれることができるものです。モバイルSuicaにどんなカードでも入ると思ってもらえればいいと思います。

サムスンペイは、モバイルウォレットの一つで、サムスンの端末から利用することができます。決済方法は、バーコードの読み取り、NFC対応のデバイスに近づけるなどいくつか方法があります。

安全でシンプルな設計

モバイルウォレットが便利なことは誰でも気づいているはずですが、それでも利用に踏み出せないのは安全に対する不安があるからです。

「落としたらどうしよう」「不正利用されたらどうしよう」

このような不安が払拭されない限り、利用は限定的です。

そこで、サムスンペイは少しかわったセキュリティを導入しています。それがフィンガーオーソリゼーションです。日本語で指紋認証のことですね。

決済する前にデバイスに指紋認証をすることで、不正を防ぐことができます。もちろんピンコードの入力機能もありますので、使いやすいほうを使ってみるのがいいでしょう。

使い方はいたってシンプル

サムソンペイの使い方は非常にシンプル。登録しているカードを選び、スライドすることで支払い画面にうつります。そして、指紋認証かピンコードを利用して支払いをおこないます。

とってもシンプルですね。いくつものカードを財布にいれて、パンパンになっている様子をみますが、モバイルウォレットを利用すればもうそんな必要はないでしょう。

サムソンウォレット
http://www.samsung.com/in/samsung-pay/



Related Post