国別サービス

東南アジアのフィンテック!今後の課題やビジネス内容まとめ

フィンテックは、世界中で注目を集めているサービスとなっていますが、東南アジアではフィンテックの浸透が薄いため、銀行サービスやキャシュス化の促進が今後の課題となっているようです。

今回は、そんな東南アジアのフィンテックについてまとめみました。今後の課題やフィンテックによる変化、ビジネス内容などをご紹介していきますので、東南アジアのフィンテック事情に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

フィンテックを取り入れた東南アジアの状況

アメリカで起きたリーマンショックがきっかけで生まれた金融サービスの「フィンテック」。近年、世界中で導入されている便利な金融サービスとなっていて、シンガポールやタイなどの東南アジアでもフィンテックを導入しています。ここでは、フィンテックを取り入れた東南アジアの状況についてご紹介していきます。

フィンテックを利用したビジネスが盛ん

東南アジアの中でも、フィンテックによる金融サービスが発展しているのはシンガポールだといわれています。他の国と比べて規模が小さいシンガポールですが、事業を行う環境がとても良好であるのが理由。

そのため、本社はシンガポールに置き、事業やサービスの展開は他の国で行うというビジネスが行われています。

そんなシンガポールでは、主に電子決済によるフィンテックサービスを導入している企業が多くなっています。さらに、シンガポールの大手金融機関では、インターネットを使った金融サービスを利用できる「モバイルバンキング」のサービスも行なっています。携帯電話から送金や預金など、銀行窓口やATMを利用することないため、便利な金融サービスとなっています。

また、タイ・インドネシア・ベトナムなど、他の東南アジアでもフィンテックが導入されています。投資系・仮想通貨・融資など、それぞれの国で導入しているサービスは異なりますが、少しずつフィンテックが導入されています。

金融サービスに対する影響は大きい

東南アジアでは銀行やATMの設置台数が少ない、またはアクセスまでが遠いため、金融機関の利用が不便となっています。日本では銀行やATMは日常的に利用できるため、あまり困ることはないでしょう。しかし、東南アジアには途上国が多いため、送金や預金をするだけでも労力を使うことになっているようです。

そんな途上国の多い東南アジアにフィンテックが導入されたことで、金融サービスに対して大きな影響を与えています。これまで銀行窓口やATMで行なっていた送金や預金はもちろん、融資の相談も対面ではなくインターネットで可否を確認できるようになっています。

また、携帯電話1つでお金を使う・管理するといったことができるため、これまで不便だった生活を便利に変えたフィンテックが与える影響は大きいといえるでしょう。

東南アジアが抱える改善すべき今後の課題とは?

徐々にフィンテックが導入されている東南アジアですが、今後も改善すべき課題が多いのが現状です。東南アジアではお金に関する知識が低いため、金融機関を利用している方が少ないといわれています。その結果、金融サービスを受けることが難しい国もあり、改善すべき今後の課題となっています。ここでは、そんな東南アジアが抱える改善すべき今後の課題についてまとめてみました。

金融機関からの信用が薄い

途上国の多い東南アジアでは所得の少ない方が多く、銀行からの信用が薄いため、金融サービスを受けることが難しくなっています。通常であれば持っているはずの本人確認書類を所持している方が少なく、金融サービスの提供を許可するための審査にもかなりの時間が必要になります。

インドネシアでは17歳以上の国民に「住民登録カード」を配布しているのですが、不正に使用する方が多いといわれています。そのため、インドネシアでは住民登録カードを持っていたとしても信用できるとは断定できないため、金融サービスを受けるまでに時間がかかってしまいます。

このようなことから、東南アジアの国民はお金に関する最低限の知識や能力が低いことがわかるでしょう。国民のお金に対する考え方を変えるのは、改善すべき今後の大きな課題となっています。

銀行サービスが充実していない

東南アジアでは自身の銀行口座を持っている方が少ないため、サービスを提供する近郊自体が少なくなっています。そのため、日本のように手軽に利用できるほどの支店がなく、銀行サービスを受けるにも銀行までのアクセスが困難となっています。

また、銀行自体が少ないため、1店舗に対して多くの方が利用しています。その結果、窓口は混雑してしまい、予期するだけのために何時間も待たされることも少なくありません。しかし、この問題が解決することができれば、銀行サービスを充実させることができると考えられています。

クレジットカードの発行が難しい

銀行口座を持たない国民が多い東南アジアでは、金融機関からの信用が薄いことから、クレジットカードの発行が難しいのが現状となっています。そのため、クレジットカードを利用している方は少なく、マレーシアでは国民の約20%、その他の国ではなんと10%以下という結果が出ています。

クレジットカードはフィンテックサービスの1つなので、カードの発行が難しい東南アジアではフィンテックノイ導入が難しいもの。今後フィンテックを導入していくためにも、国民が金融機関からサービスを受けられる信用性を高め、クレジットカードの発行を可能すすることも、今後の大きな課題となっています。

現金の利用率が高い

東南アジアでのフィンテック導入率が低いのは、現金の使用率が高いことも理由の1つとなっています。

おそらく、この現金の使用率が最も大きな課題となるのではないでしょうか?というのも、お金のやり取りが発生することは、ほぼ現金で行われているため、銀行を利用することも、クレジットカードが必要とされることがないからです。

そのため、銀行サービスやクレジットカードの発行といった問題が挙がり、東南アジアでのフィンテック導入が難しくなっていると予想されます。

現金の使用率を減らすためにキャッシュレス化を進展できれば、今以上にフィンテックを導入することができるかも「しれません。

フィンテックによって何が変わる?

充実した金融サービスを利用できていない東南アジアですが、フィンテックがどうにゅうされることで、生活やビジネスのどのような変化を与えることができるのでしょうか?ここでは、フィンテックによる変化とビジネス内容についてご紹介していきます。

誰もが便利な金融サービスを受けられる

金融機関の利用に関する問題を解決しフィンテックが導入されれば、金融サービスを手軽に利用できるため、近くに銀行やATMがなくても不便に感じることがなくなるでしょう。モバイル決済や融資の申し込み、クレジットカードの発行が可能になるため、お金を便利に活用できることが期待できます。

資金調達やお金の受け渡しが便利になる

フィンテックが導入されれば、インターネットからの融資が可能となるため、企業運営のための資金調達を楽に行うことができます。また、現在の東南アジアではお金のやり取りに対して現金の手渡しが行われているため、わざわざ対面する手間がかかってしまいます。ですが、フィンテックサービスではネット上でお金の受け渡しが可能になるので、ビジネスに置いてもかなり便利なサービスとなるでしょう。

東南アジアのフィンテック導入は大きな変化になる

フィンテックの導入率は少ないものの、東南アジアではフィンテックサービスを提供している企業が増えつつあります。しかし、東南アジアでは現金の使用率が高く、金融機関からの信用がないなど、さまざまな問題が原因でフィンテックの導入が難しくなっています。ですが、東南アジア抱える問題を改善できれば、さらにフィンテックを導入する企業が増え、個人・法人ともに便利な生活へと変化するでしょう。