世界で話題のフィンテックMPS (Mobile Payments solutions)とは

現在多くの消費者が毎日、仕事の管理や新たな情報を取り入れるためにスマートフォンを使用しています。今の世の中で生活する人にとってスマートフォンはかけがえのないものtなってきました。

あらゆる場面においてスマートフォンに頼る人が増加する中、MPS (Mobile Payments solutions)というサービスが普及し始めました。

MPS (Mobile Payments solutions) とは

スマートフォンを用いて決済のことを指します。現金やクレジットカード、電子マネー、仮想通貨などの決済の手段では多用に支払いを済ませる方法が出てきました。MPSはその中の一つの決済サービスのことをいい、世界でこの技術を使用したサービスを提供しているフィンテックが話題となっています。

スウェーデンでMPSをサービスとして展開している会社

スェーデンのモバイル決済をサービスとして展開するグループ「Bambora」はオーストラリアのモバイル決済サービスを展開するIP Paymentはを買収したことにより国際的な拡大を続けています。これによりアジアへの進出をIP Paymentはユニークなクラウドベースのサービスを通じて企業や店舗向けの電子商取引やモバイルコマースを促進する画期的な支払いソリューションを提供しています。この買収により、IP Paymentグループが電子商取引での提供を強化する機会となっています。

IP Paymentは2014年にKeycopという鍵の管理をテクノロジーを用いたキーチェーンを提供し組織の鍵の一元管理、コストの削減を図ることをサービスとして多くの顧客にサービスを展開している会社を買収しました。

ザンビアでMPSを事業として展開している会社

ザンビアにもMPS (Mobile Payments solutions) サービスを展開する会社が存在します。MPSという会社名でモバイル決済と取引システムを専門としたソフトウェア会社です。

MPSは、ザンビア銀行によって規制されている登録支払いシステム事業を活用しています。

ザンビアは現金経済のまま人口のわずか15%しか銀行を使用していないので、MPSは現金に代替可能な決済方法がモバイル戦略を策定し、電子商取引とモバイルコマースの新たな機会を早出しています。

MPSのこれからの可能性は

モバイル決済は今のところ活用している消費者はとても数なく感じています。未だ現金社会が主流となっている日本では見かけてもクレジットカードでの決済か、電子マネーでの決済です。また新たな風を吹かせてくれるMPSを展開する会社の今後の動きには注目です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です